オリックス生命保険株式会社 ホーム > よくあるご質問 > がん通院給付金の支払対象となる「腫瘍用薬」とはどういうものでしょうか?

よくあるご質問

質問 がん通院給付金の支払対象となる「腫瘍用薬」とはどういうものでしょうか?

回答

「腫瘍用薬」とは抗がん剤のことです。

総務大臣が定める日本標準商品分類*1における「8742 腫瘍用薬」に指定されている医薬品のことを指し、(1)アルキル化剤、(2)代謝拮抗剤、(3)抗腫瘍性抗生物質製剤、(4)抗腫瘍性植物成分製剤、(5)その他の腫瘍用薬(前記(1)~(4)に分類されない腫瘍用薬)の5種類に分類されます。*2

がん通院特約においては、被保険者が通院した時点で「8742 腫瘍用薬」に分類される医薬品すべてが対象となりますが(経口投与を除く)、これらに分類されないホルモン剤および生物学的製剤などは対象になりません

 

*1日本標準商品分類(平成2年[1990年]6月改定)については、総務省統計局のウェブサイト http://www.e-stat.go.jp/SG1/htoukeib/htoukeib.do (日本標準商品分類 ⇒分類コード検索「8742」)をご参照ください。

*2監修:東京女子医科大学病院薬剤部・薬剤副師長 伊東俊雅

関連FAQ

このFAQはお役にたちましたか?

※複数の単語をスペースで区切って入力できます
カテゴリで絞り込む
powered by i-ask
ページTOPへ戻る